2012年07月 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ZENBOOKが最安6万円台!Ultrabookを安く買うなら型落ちモデルが狙い目。

ウルトラブック初、フルHD液晶搭載した「ZENBOOK」や、13インチで875gという脅威の軽さを実現した「「LaVie Z」など、2012年のウルトラブック夏モデルもなかなか魅力的な製品が登場してきました。しかし、新モデルは総じて10万円以上と高く、手ごろな値段でウルトラブックを手に入れたいユーザからすると、なかなか手が出しづらいのも事実。

ということで、今回は最新モデルからはちょっと離れ、在庫処分のため価格が底値になっている型落ちモデルに焦点を当て、お得な型落ちモデルを何点か紹介したいと思います。

気になるモデル① 13インチで1600×900の高解像度
「ASUS ZENBOOK UX31E-RY128」

core i7 2677M (1.80GHz)、128GBのSSD、そして1600×900の高解像度ディスプレイ搭載の2011年秋冬モデルの「ZENBOOK」。これだけのスペックで、7/13時点の最安値が64,500円と最新モデルよりも1万~3万安い。個人的に一番の狙い目。

■7万円以下で買えるショップ(7/13時点)
Outlet Plaza
A-PRICE
Outlet Plaza(楽天市場)
aone store
TRYX3楽天市場店
Amazon

気になるモデル② 256GBのSSD搭載で7万円以下
「ACER Aspire S3 S3-951-F74U」

2011年秋冬モデル。256GBのSSD搭載最安7万円切りとかなりお得なUltrabook。その他スペックもCore i7 2637M (1.70GHz)、液晶も1366x768と申し分なし。

■7万円以下で買えるショップ(7/13時点)
GNET
A-PRICE

気になるモデル③ 標準的なスペックで5万円台
「レノボ IdeaPad U300s 108075J」

レノボの2012年春モデルのウルトラブック。スペック自体は標準的で特筆するところはありませんが、最安56,000円台と相当安い。とにかく安くウルトラブックを買いたいという場合最適かも。。

■6.5万円以下で買えるショップ(7/13時点)
PCボンバー
e-LIFE
Amazon
ECカレント


そのほか、持ち運びに便利な11インチ型の「ZENBOOK」あたりもいいかも。

最新モデルとさほどスペックが変わらず、値段が2~3万も安い型落ちモデルは、個人的にはかなり狙い目。 在庫がなくなり次第、販売終了なるかと思うので、型落ちモデルの購入を検討している方はお早めに。

ネット回線を「auひかり」に切り替えた。そして、速くなった。

20120703_router.jpg

これまで我が家のネット回線はNTTの「Bフレッツ」を利用していたのですが、電話・ネット回線をまとめてKDDIに移すことで月額費用が安く済むことが分かったので、これを機にネット回線を「auひかり」へ切り替えることに。今回は、回線切替えまでの簡単な流れと、切替え後の回線速度の変化について簡単にメモしておきたいと思います。

1.ネット回線切替えの簡単な流れ

① 回線切替えの申し込み

② 「auひかり」からの連絡(申込み内容の確認、工事日程の調整)

③ 工事日程の確定

④ NTT側へ回線解約の連絡

⑤ 切替え工事(立会い必要)

⑥ 必要に応じてプロバイダーと解約

基本的に、申込み後は「auひかり」のサポートセンターの方と申込み内容を確認し、NTT側へ回線解約の連絡をするだけで、あとは工事待つのみ。大変なように見えてで意外と切替え自体は簡単でした。(回線解約時も、auひかりの担当者より事前に解約の際に伝えることを説明してくれるので、迷うことがありませんでしたし。)

ちなみに、「auひかり」への申込みはキャッシュバックなどのキャンペーンがついてお得なネット経由で行いました。今回はプロバイダの変更もしたかったことから、月額費用が低く、キャンペーンがお得だった「So-net」さんのページからの申し込みです。

   ⇒ So-netでauひかり!今なら最大22,000円分プレゼント!


2.回線速度の変化

次にNTTの「Bフレッツ」から「auひかり」に回線切替えた後の速度の測定結果を紹介します。

■自宅のネットワーク環境
まず、自宅のネットワーク環境は、以下のような無線LAN環境となります。
 ・無線LAN親機 : Buffalo WZR-HP-G301NH
 ・無線LAN子機 : Buffalo WLI-TX4-AG300N
 ・設置環境 : 親機1階、子機2階

■測定結果
回線工事前に採取した速度との比較結果は以下のようになりました。
(※何回か測定して一番良い結果を記載してあります。)
測定サイト 回線切替え前
(Bフレッツ)
回線切替え前
(auひかり)
速度向上
Radish Network Speed Testing 下り 34.4Mb9s 63.2Mbps +28.8Mbps
上り 78.6Mbps 90.1Mbps +11.5Mbps
価格.com 下り 26.9Mbps 64.9Mbps +38.0Mbps
上り 44.7Mbps 65.3Mbps +10.6Mbps
速度.jp 下り 30.3Mbps 54.6Mbps +24.3Mbps
上り 56.7Mbps 56.5Mbps -0.2Mbps

我が家は無線LAN環境なので、速度的には大きな変化は無いだろうと思っていましたが、測定サイトによっては2倍以上速くなるなど、軒並み速度が改善していました。まさか、ここまで速度が向上するとは・・・驚きです。単純に、私の住んでいる地域の「auひかり」利用者が少ないからなのかもしれませんが、さすが、最大1Gbpsを謳っているだけあります。


3.最後に

回線を切り替えるのはちょっとだけ面倒でした「が、月額費用が2000円ほど安くなり、さらに速度も改善するなど、私の家ではかなりのメリットを出すことが出来ました。これまで、速度が出ない原因は無線LANだと思っていたのですが、まさか、回線自体がネックになっていたとは思いませんでした。いや~、回線切り替えてほんとよかった~。


auひかり」への申込みは↓より行えます。
リンク
ショップリンク
ブロググランキング
ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
RSSリンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。