PCニュース Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

真っ黒クーラーXigmatek「Dark Knight SD1283 Night Hawk Edition」が4月4日発売

4月4日、Xigmatekから表面をセラミックコーティング加工したCPUクーラー「Dark Knight SD1283 Night Hawk Edition」が発売になります。

 ⇒ 製品情報 - Xigmatek
 ⇒ セラミックコートで高冷却?まっ黒なCPUクーラーが近日発売 - AKIBA PC Hotline!

Dark Knight SD1283 Night Hawk Edition」の一番の特徴はなんと言ってもその真っ黒なボディ。ヒートシンク、ヒートパイプ全体をセラミックコーティングしており、これにより放熱効果を高めているとのこと。CPUとの接地面はヒートパイプダイレクトタッチ式を取っており、ヒートパイプをCPUに直接当てて冷却しています。

そのほか、主な仕様を簡単にまとめると
 ・ 本体サイズは120(W) x 50(D) x 159(H) mm
 ・ フィン材質はアルミニウム合金製
 ・ ヒートパイプは直径8mmが3本
 ・ 搭載ファンは120mm、1000~2200rpm(PWM制御)、平均寿命5万時間、最大騒音レベル30.1dBA
という感じ。

セラミックコーティングで本当に放熱効果が高まるかはわかりませんが、真っ黒いCPUクーラーというのはあまり見かけないので新鮮ですね。ちょっとカッコいいと思ってしまいました(笑)

■ 販売ショップ
 ⇒ クレバリー
 ⇒ ドスパラ
 ⇒ アーク

Radeon HD 7870と7850の予価について

つい先日発表された「Radeon HD7870/7850」ですが、さっそく予価が出てきました。

 ⇒ 「まぁ初回はこんなところでしょう」(3/6) ---某ショップ店員談 - エルミタージュ秋葉原

エルミタージュ秋葉原の記事によると、SAPPHIRE製の「Radeon HD 7870」で約40,000円、「Radeon HD 7850」で約27,500円の予定とのこと。

毎度恒例のご祝儀相場を考えると、HD7850の2.7万はまぁ許せますが、HD7870の4万はさすがに高すぎますねw これなら価格差的に、おとなしくHD7950買ったほうがいいような・・・^^;

個人的にはHD7870あたりを狙っているのですが、最終的にどの価格帯が落ち着くか次第で、購入対象をHD7950に切り替えるかもw (AMDの資料では$200~400とあるので、3.5万前後で落ち着くと踏んではいるんですが)


■ 参考リンク - Radeon HD7870/7850のレビュー記事とか
 ⇒ AMDが「Radeon HD 7870/7850」を発表 市場を制するか? - ASCII.jp
 ⇒ スイートスポットに投入される「Radeon HD 7800」シリーズを試す - PC Wacth


大型ラジエータ搭載のCorsire製水冷クーラー「CWCH100」が8月27日発売される模様

ASCII.jpにて、120mmファン×2基分の大型ラジエーターを搭載したCorsireの水冷クーラー「CWCH100」が27日発売されるとの記事を発見また、エルミタ秋葉原では、販売に先立って「CWCH80」「CWCH100」のレビュー記事も掲載されております。

 ⇒ Corsair製水冷CPUクーラー「CWCH100」が27日発売予定 - ACSII.jp
 ⇒ エルミタ的「一点突破」 CPUクーラー編 Vol.21 CORSAIR水冷「H80/H100」検証 - エルミタ秋葉原
 ⇒ 製品情報 - リンクスインターナショナル
 
エルミタのレビュー記事を読んでみると、「CWCH100」の方は、その大きさ故に搭載できるケースにかなり制限が出てきそうです。メンテナンス性に優れていると言われている同Corsire製ケース「CC600T」でマザーと干渉したとレビューにありますし・・・

ただ、冷却性能はかなり高く、アイドル時で検証環境時の温度とほぼ同じ30℃、最大でも55℃とそのラジエータの大きさにふさわしい性能を有しているみたいです。

また、「CWCH100」では、ワンタッチ回転数切替ボタンを実装しており、ファンの回転数を1300rpm、2000rpm、2600rpmと切り替えることが出来る様です。

レビューにある動作音と温度から考えると、普段は1300rpmで運用し、OC時に回転数を上げるといった使い方が良さそう。

見た目のインパクト、そして性能的にみて、まさにハイエンド簡易水冷という言葉がピッタリw


そして、意外と気になるのが「CORSAIR LINK」。
「CWCH100」にも、この「CORSAIR LINK」のポートが搭載しており、これによりファン回転数を制御したり、各パーツのモニタリングを行えるようになるみたいです。

CORSAIR LINK」は年内発売と告知されていますが、実際、どのような機能があるのでしょうか?
非常に気になります。

CORSAIR Intel LGA2011&AMD AM3+/FM1対応 水冷一体型ユニット CWCH100

「SandyBridge」Celeronが3,000円台!? 9/4発売のIntel製CPU、10モデルの予価

エルミタージュ秋葉原で、9月に発売されるIntel製CPU全10モデルの予価が発表されています。
なお、販売解禁日は9月4日の午前0:00とのこと。

 ⇒ 「あらら、Sandy Bridgeも3,000円台で登場か」(8/20) ---某ショップ店員談 - エルミタージュ秋葉原

型番 コア数/スレッド数 クロック数(TB時) TDP 予価
Core i5-2320 4-core/4-thread 3.0GHz(TB時 3.3GHz) 95W 約16,000円
Core i3-2130 2-core/4-thread 3.4GHz(TB時 -) 65W 約13,000円
Core i3-2125 2-core/4-thread 3.3GHz(TB時 -) 65W 約12,500円
Core i3-2120T 2-core/4-thread 2.7GHz(TB時 -) TDP35W 約11,500円
Pentium G860 2-core/2-thread 3.0GHz(TB時 -) TDP65W 約8,000円
Pentium G630 2-core/2-thread 2.7GHz(TB時 -) TDP65W 約7,500円
Pentium G630T 2-core/2-thread 2.3GHz(TB時 -) TDP35W 約6,800円
Celeron G540 2-core/2-thread 2.5GHz(TB時 -) TDP65W 約4,900円
Celeron G530 2-core/2-thread 2.4GHz(TB時 -) TDP65W 約4,200円
Celeron G440 1-core/1-thread 1.6GHz(TB時 -) TDP35W 約3,500円

1コア/1スレッド、1.6GHzというスペックですが、ついに、SandyBridgeも3,000円台突入。
このCeleron G440、自宅ファイルサーバ向けで人気が出るかもしれませんね。

なお、Pentium G630は、10月に価格改定が入る様なので、G630を狙っている人は、ちょっと待ったほうがいいかも。

◆ 関連リンク
 ⇒ インテル「SandyBridge」の価格改定が今秋に行われるらしい - Jisaker's blog

インテル「SandyBridge」の価格改定が今秋に行われるらしい

どうやら、今秋に「SandyBridge」の価格改定が入る模様。

 ⇒ デスクトップ向け“SandyBridge”の価格改定が秋に行われるよう - 北森瓦版
 ⇒ Intel to cut prices of Sandy Bridge desktop CPUs in Q3 2011 - CPU World(海外)

価格改定対象と、改定後の価格は以下のとおり。

モデル コア/スレッド数 クロック数(TB時) キャッシュ TDP 9月改定 10月改定
Core i7-2600S 4core/8thread 2.80GHz(TB 3.80GHz) L2=256kB x4
L3=8MB
65W $306→$294 -
Core i5-2500S 4core/4thread 2.70GHz(TB 3.70GHz) L2=256kB x4
L3=6MB
65W $216→$205 -
Core i5-2500T 4core/4thread 2.30GHz(TB 3.30GHz) L2=256kB x4
L3=6MB
45W $216→$205 -
Core i5-2405S 4core/4thread 2.50GHz(TB 3.30GHz) L2=256kB x4
L3=6MB
65W $205→$201 -
Core i5-2400S 4core/4thread 2.50GHz(TB 3.30Ghz) L2=256kB x4
L3=6MB
65W $195→$184 -
Core i5-2390T 2core/4thread 2.70GHz(TB 3.50GHz) L2=256kB x2
L3=3MB
35W $195→$184 -
Core i3-2120 2core/4thread 3.30GHz(-) L2=256kB x2
L3=3MB
65W - $138→$117
Pentium G850 2core/2thread 2.90GHz(-) L2=256kB x2
L3=3MB
65W - $86→$75
Pentium G630 2core/2thread 2.70GHz(-) L2=256kB x2
L3=3MB
65W - $75→$64

対象は省電力モデルのCore i7、i5とCore i3 2120、Pentiumシリーズの2つ。
値下げ幅も小さく、またバルク品がメインの為、インパクトをあまり感じないのが正直なところ。

Core i7 2600Kやi5 2500Kを値下げしてくれれば、喜んで食いついていたんですが・・・


 ⇒ CPU/APU の価格を比較する - coneco.net

Intel CPU Core i7 i7-2600K 3.4GHz 8M LGA1155 SandyBridge BX80623I72600K
リンク
ショップリンク
ブロググランキング
ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
RSSリンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。