PC関連 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ZENBOOKが最安6万円台!Ultrabookを安く買うなら型落ちモデルが狙い目。

ウルトラブック初、フルHD液晶搭載した「ZENBOOK」や、13インチで875gという脅威の軽さを実現した「「LaVie Z」など、2012年のウルトラブック夏モデルもなかなか魅力的な製品が登場してきました。しかし、新モデルは総じて10万円以上と高く、手ごろな値段でウルトラブックを手に入れたいユーザからすると、なかなか手が出しづらいのも事実。

ということで、今回は最新モデルからはちょっと離れ、在庫処分のため価格が底値になっている型落ちモデルに焦点を当て、お得な型落ちモデルを何点か紹介したいと思います。

気になるモデル① 13インチで1600×900の高解像度
「ASUS ZENBOOK UX31E-RY128」

core i7 2677M (1.80GHz)、128GBのSSD、そして1600×900の高解像度ディスプレイ搭載の2011年秋冬モデルの「ZENBOOK」。これだけのスペックで、7/13時点の最安値が64,500円と最新モデルよりも1万~3万安い。個人的に一番の狙い目。

■7万円以下で買えるショップ(7/13時点)
Outlet Plaza
A-PRICE
Outlet Plaza(楽天市場)
aone store
TRYX3楽天市場店
Amazon

気になるモデル② 256GBのSSD搭載で7万円以下
「ACER Aspire S3 S3-951-F74U」

2011年秋冬モデル。256GBのSSD搭載最安7万円切りとかなりお得なUltrabook。その他スペックもCore i7 2637M (1.70GHz)、液晶も1366x768と申し分なし。

■7万円以下で買えるショップ(7/13時点)
GNET
A-PRICE

気になるモデル③ 標準的なスペックで5万円台
「レノボ IdeaPad U300s 108075J」

レノボの2012年春モデルのウルトラブック。スペック自体は標準的で特筆するところはありませんが、最安56,000円台と相当安い。とにかく安くウルトラブックを買いたいという場合最適かも。。

■6.5万円以下で買えるショップ(7/13時点)
PCボンバー
e-LIFE
Amazon
ECカレント


そのほか、持ち運びに便利な11インチ型の「ZENBOOK」あたりもいいかも。

最新モデルとさほどスペックが変わらず、値段が2~3万も安い型落ちモデルは、個人的にはかなり狙い目。 在庫がなくなり次第、販売終了なるかと思うので、型落ちモデルの購入を検討している方はお早めに。

真っ黒クーラーXigmatek「Dark Knight SD1283 Night Hawk Edition」が4月4日発売

4月4日、Xigmatekから表面をセラミックコーティング加工したCPUクーラー「Dark Knight SD1283 Night Hawk Edition」が発売になります。

 ⇒ 製品情報 - Xigmatek
 ⇒ セラミックコートで高冷却?まっ黒なCPUクーラーが近日発売 - AKIBA PC Hotline!

Dark Knight SD1283 Night Hawk Edition」の一番の特徴はなんと言ってもその真っ黒なボディ。ヒートシンク、ヒートパイプ全体をセラミックコーティングしており、これにより放熱効果を高めているとのこと。CPUとの接地面はヒートパイプダイレクトタッチ式を取っており、ヒートパイプをCPUに直接当てて冷却しています。

そのほか、主な仕様を簡単にまとめると
 ・ 本体サイズは120(W) x 50(D) x 159(H) mm
 ・ フィン材質はアルミニウム合金製
 ・ ヒートパイプは直径8mmが3本
 ・ 搭載ファンは120mm、1000~2200rpm(PWM制御)、平均寿命5万時間、最大騒音レベル30.1dBA
という感じ。

セラミックコーティングで本当に放熱効果が高まるかはわかりませんが、真っ黒いCPUクーラーというのはあまり見かけないので新鮮ですね。ちょっとカッコいいと思ってしまいました(笑)

■ 販売ショップ
 ⇒ クレバリー
 ⇒ ドスパラ
 ⇒ アーク

CoolerMaster「COSMOS II」がカッコいい!



これはカッコいいかもw

ぱっと見、初代COSMOSよりも冷却能力は高そうです。そしてとめちゃくちゃでかい。こちらの記事で初代COSMOSと大きさを比較した写真がありますが、あのでかいCOSMOSが小さく見えるほどw それもそのはず、COSMOS IIはCOSMOSよりも一回り以上大きい344(W)×664(D)×704(H)mm! 重量にいたっては、なんと21.5kgもあるようです (ちなみに初代COSMOSは266(W)×628(D)×598(H)mm)

( ゚д゚ )

大は小を兼ねるといいますが、これは兼ねすぎw

でも、ギミック一杯だし、カッコいいから許す!

■ 関連リンク
 ⇒ 4年半ぶりの完全フルモデルチェンジ! 「COSMOS II」デビュー - ASCII.jp
 ⇒ 製品情報 - クーラーマスター

■ 販売ショップ
 ⇒ Amazon.co.jp
 ⇒ クレバリー
 ⇒ ドスパラ
 ⇒ ソフマップ

Radeon HD 7870と7850の予価について

つい先日発表された「Radeon HD7870/7850」ですが、さっそく予価が出てきました。

 ⇒ 「まぁ初回はこんなところでしょう」(3/6) ---某ショップ店員談 - エルミタージュ秋葉原

エルミタージュ秋葉原の記事によると、SAPPHIRE製の「Radeon HD 7870」で約40,000円、「Radeon HD 7850」で約27,500円の予定とのこと。

毎度恒例のご祝儀相場を考えると、HD7850の2.7万はまぁ許せますが、HD7870の4万はさすがに高すぎますねw これなら価格差的に、おとなしくHD7950買ったほうがいいような・・・^^;

個人的にはHD7870あたりを狙っているのですが、最終的にどの価格帯が落ち着くか次第で、購入対象をHD7950に切り替えるかもw (AMDの資料では$200~400とあるので、3.5万前後で落ち着くと踏んではいるんですが)


■ 参考リンク - Radeon HD7870/7850のレビュー記事とか
 ⇒ AMDが「Radeon HD 7870/7850」を発表 市場を制するか? - ASCII.jp
 ⇒ スイートスポットに投入される「Radeon HD 7800」シリーズを試す - PC Wacth


「PLEXTOR PX-128M3」簡易レビュー!

20120219_PX-128M3_01.jpg

先日着弾した「PLEXTOR PX-128M3」を早速PCに組み込んだので、簡易レビューをお届け。

20120219_PX-128M3_02.jpg
まず、付属品ですが、2.5→3.5インチ変換マウンター、バックアップソフト「Acronis True Image」のデモ版が付属しています。マウンターが付属しているのはありがたいですね。まあ、今回はどちらも利用しませんでしたがね・・・(´Д`;)

さて、肝心のベンチマークですが、私の環境では以下のような結果となりました。

【テスト環境】
■OS : Windows7 Professional 64bit
■CPU : Intel Corei5 i5-2500K @ 3.30GHz(定格)
■メモリ : DDR3 PC3-12800 4GB × 2
■マザーボード : ASRock Z68 Extreme3 Gen3
■GPU : HD 5850 × 2(CrossFire)
■ストレージ
  ①PLEXTOR PX-128M3(システム)
  ②WD Caviar Green 1T
  ②WD Caviar BLUE 1T
■工学ドライブ : LG GH20NS10(DVDスーパーマルチ)
■サウンド : オンボ
■ケース : CORSAIR CC600T

【ベンチ結果】
入替前:CSSD-S6M64NMQ
20120219_入替前_CSSD-S6M64NMQ

入替後:PX-128M3
20120219_入替後_PX-128M3

私の環境では、残念ながら公称値のシーケンシャルリード500MB/s超えはならず・・・(前SSDのOSイメージをそのまま写して、特にチューニングしない状態でのベンチなので仕方ないかもしれませんが。)

それでも、前の環境に比べるとリード、ライトともに大幅にスコアアップしているのは一目瞭然(特にライト)。今回の入替目的はどちらかというと容量の確保がメインでしたので、十分な結果でしょう。あと、気のせいかもしれませんが、OS起動までの待ち時間もなんだか短くなった気がしますw


【最後に・・・】
目論見どおり、容量の確保やパフォーマンスアップを図ることができ、大満足(*´Д`)ハァハァ

すでに128GB以上のSSDを導入している場合は、新規購入する必要はないかもしれませんが、私のように64GBを利用している方や、まだSSDを導入していない方は購入候補のひとつとして挙げても間違いないと思います。また、PX-128M3はパフォーマンス低下を抑える技術を導入しているとのことなので、長期間の運用にも安心して利用できます。5年保障という強気の保障期間も非常にグッド。ただ、同じ128GB帯のSSDの中では若干高いかもしれませんが(^^;)

より高いパフォーマンスを望むのであれば、より大容量でライト速度も早い「PX-256M3」や近々発売される上位版の「PX-128M3P」あたりが最有力候補かと思われます。

それにしても、前に買った64GBのSSDとほぼ同じ値段で128GBが買えるとは驚きです。次は256GBが同じくらいの値段になったら買いますかねw

ちなみに、今回の入替で浮いた「CSSD-S6M64NMQ」はHDDのキャッシュとして活用する予定。うまく動いてくれるか不安ですが、やるだけやってみます(汗)
リンク
ショップリンク
ブロググランキング
ポチっとよろしくお願いします。
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
RSSリンク

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。